親和銀行おまとめローンの金利と限度額

審査がきびしいのはこんな人

複数の借入先のローン返済に追われて一刻も早くまとめたいのに一向におまとめローン審査に通らないということは正直、良くありがちなことです。

ここで審査に通らない人には大きく分けて二つのパターンがあります。一つは「ご自身ステータスがきびしい」です。

お勤め先への勤続年数が少なめ、年収が少なめなど、わかりやすいチェックポイントです。特に勤続年数は半年区切りを目安にステータスが上がると考えてよいでしょう。当然ステータスを改善できればより審査に通りやすくなります。

もう一つは「身に覚えがある問題を抱えている」です。ステータスが高くてもその「問題」がある限り審査には通らない仕組みになっています。よくあるのが借入先の数が基準より超過してしまっている場合です。

概ね5社以上の借入先がある場合はきびしいです。親兄弟、知人に土下座をしてでも先ず借入先の数を減らす事が最良の解決策でしょう。

あと意外と見落としがちですが「短期間のうちに複数の金融機関に申し込み」という事項でも審査に引っかかる場合があります。

ですのでオススメしたい流れとしてはまずは「低金利、大手銀行系」をあたってみるのがよいと思います。

ダメなら「消費者金融系」に流れるイメージで自分の「ステータス、問題」を認識しておくのも重要です。審査も通るかどうかは、審査を出してみないと分かりませんから、上記の点を踏まえて最初から効率よく熟考して行動する必要があります。